セキュリティの活用

ウィルス感染やデータのバグなどを防ぐためにということからセキュリティ部分を強化したセキュリティUSBが発売され、これにより個人情報や機密情報のデータ流出を心配せずにUSBメモリ使用できるようになったのです。セキュリティUSBではパスワードによる認証やデータの暗号化といった機能の他にもコピーガードやウイルス感知機能を搭載したモデルも販売されています。特に未登録のPCにつないだ際にデータの共有が簡単にできないことやデータを簡単に読み取れないようにするのは、盗難にあった時にセキュリティ的に安心できます。

セキュリティUSBはこれまでのUSBメモリのようにデジタル機器に差し込めばすぐに使えるわけではありません。使用するには登録してある使用者本人である証明が必要になります。この認証の仕方には指紋やパスワードといった認証方法があり、利用者が使いやすいほうを選べるようになっています。パスワード設定が面倒な人や忘れてしまう可能性がある場合は、そういった手間のいらない指紋認証を選択するのがお勧めです。指紋認証方式を採用しているセキュリティUSBなら、登録してある人物以外の認証ができませんしパスワードを入力する面倒な作業もいりません。登録者も複数で登録することが可能なので、万が一の場合のことも考えて信頼できる同僚や友人を登録者として登録することもできます。値段は通常のUSBメモリよりやや割高ですが、情報を守れると思えば安いものだともいえます。