利用を心掛ける

セキュリティUSBを紛失して悪用されるというケースはよく起こっています。一度流出してしまった情報は、急速なスピードで次々に別の組織へも流出してしまいます。紛失をしないために、名前を書いたりキーホルダーをつけるなどの工夫が大切です。また、パソコンから取り外す際は、正しい方法で取り外すことが必要です。USBによって取り外し方法は違うので、説明書などを読んで確認しておくと良いです。

セキュリティUSBは、今では大変多くの場で使用されています。基本的にはオフィスや個人的な使用が中心でした。しかし、授業のなかでもパソコンが導入されたことで、最近は学校でも配布されることがあります。セキュリティUSBを所持している学生は多いです。どんな仕事においても、コンピュータを使用することが一般的となっています。いつ社会に出ても困らないように学生のうちからセキュリティUSBの使用方法を学ぶことが可能となりました。また、セキュリティ対策についても強化に向けた取り組みが行われています。パソコンが普及したことにより、ウィルス感染による被害も増えました。最近では誰でも気軽に利用できる、無料のセキュリティソフトも登場しています。