工夫とメリット

大切な情報が入っているUSBメモリーをもし万が一、移動中に落としてしまい、それが悪意のある方に拾われてしまった場合は、簡単にそのデータの中身を見られてしまうリスクがあります。そこで、最近はセキュリティUSBという商品が登場しており、それを利用するとそのようにUSBを落としてしまった時などにも、中のデータを見られる事が物理的に不可能になります。ですので大切な情報をUSBに入れて持ち歩かれる場合には、そんなセキュリティUSBを利用したほうが安全です。

ちなみに、そのようなセキュリティUSBを購入されるときに工夫をすると、より強固なセキュリティを確保することが出来るようになってきます。単純に、パスワードなどによってデータを読み出すことが出来なくなっているセキュリティUSBもありますが、その他にウィルスチェック機能が付いているものなどがあります。USBメモリーを利用する上での脅威となってくるものの一つとしてウィルスがありますが、それもウィルスチェック機能が付いているセキュリティUSBを利用すれば対処することが出来ます。また、その他にも管理ソフトウェア対応が整っているセキュリティUSBもあり、システム管理者にとって役立つ機能が揃っています。購入する時にはちょっと工夫して、利用目的に合致したセキュリティUSBを利用すると、そのセキュリティも向上してきます。