使用の制限

ウィルス感染やデータのバグといったことから企業でもコンプライアンスや個人情報保護法などに敏感になっているため、余計にUSBメモリが制限されているのが現状である。そこで最近多く登場しているのが、セキュリティUSBである。これは通常のUSBメモリと比較してセキュリティ面が強化しているものである。セキュリティUSBの機能としては、まずウイルスチェック機能である。これはよくUSBメモリを経由してウイルス感染するというケースが多いため、これを未然に防ぐという機能である。

セキュリティUSBのその他の機能についてはパスワードロック機能などである。これは特定の人物しか使用できないようにするためでもある。このパスワードロック機能と同様に指紋認証機能がある。これはパスワードと異なり、実際に使用する人間本人でしか使用できないようにするためである。このようにセキュリティUSBはより多くのセキュリティ機能を強化して、様々な種類の商品が発売されている。これもセキュリティ対策について、ユーザー側がいかに重要視しているかを証明していると思われる。セキュリティUSBは今後もより多くの企業、そして個人ユーザーも利用する機会が増えると思われる。USBメモリ自体はとても便利であるが、今後はよりセキュリティ面でも重視した商品をチェックしていきたい。